黒ずんだ乳首をピンク色にするホワイトラグジュアリー【White Luxury】

 

いつもお世話になっております、
『B-UPガールズ』著者の石塚あゆみです。
この度は、本サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。

本日は『B-UPガールズ』をご購入くださった皆様だけに
「緊急」且つ「特別」としてご案内とさせて頂きました
が・・・・

この度『B-UPガールズ』ご購入者様に
とても評判野よかった商品ご紹介させて頂きたく
このような特設サイトを開設いたしました。

絶対に損はさせない内容をお届けしますので、
5分で良いですから私の話だけに集中する環境を整えてください。

そうすることで、あなた自身の今後の人生を
自信に満ち溢れたものへと変貌させ、
「女性に生まれてきて本当に良かった」と
実感することへ繋がるからです。

さて、『B-UPガールズ』事務局には、
毎日毎日何百名もの方からお問い合わせが寄せられています。

その中で最も多い相談内容は何かわかりますか?

『B-UPガールズ』はバストアップを目的とした商品ですので、
当然「バストを大きくする」「バストの垂れや萎みを元に戻す」
といった内容が大半を占めていると思われているかもしれません。

しかし、この結果には私自身も驚きましたが、
実際には単純にバストアップしたいだけという人は以外にも少なかったのです。

では、一体どのような相談が多いのかというと、
集計の結果、このような順位になりました。

この結果を見て驚かれたと思います。

『B-UPガールズ』のメンバーであれば誰もが抱える、
バストアップに関する悩み相談などではなく、
実は【乳首&乳輪の色】に対する相談が最も多かったのです。

ランク外には、バストの「位置」や「向き」に関するものや、
さらには「乳がん」などの病気に対する悩みなどもありました。

しかし、それら全てを押し退けて
“第1位”に【乳首&乳輪の色】がランクインしているのです。

バストを大きくするなどの悩みとは性質が異なり、
乳首がピンクでは無いと、バストトップは非常にデリケートな部分ですので、
事務局に相談することに抵抗を感じている方も多いと思います。

そのことを踏まえると、さらに多くのメンバーが同じ悩みを
抱えているということが容易に想像できます。

また、日本人女性の80%がバストに関して何らかの悩みや
コンプレックスを抱えていると言われている時代ですから、
この世の中の相当数の女性が悩みを抱えているということも言えます。

常に“美の追求”をしていかなければならないプロのエステティシャンとして、
この状況を放っておくことはできませんし、何よりも1人でも多くのメンバーに
理想の美しいピンク色の乳首を手に入れる方法を教えたい!

今回、このような思いで本サイトを開設しました。

バストアップを目指す女性だけに限らず、
女性として生まれたからには、豊かで美しいバストと一緒に、
ツヤのあるキレイなピンク色のバストトップを身につけたいものですよね。

もし、今現在あなたが黒ずみに悩まされていたとしても、
これから、何よりも“効果的”で“効率的”な方法をお教えしますので、
ピンク色の乳首を手に入れる為に、ぜひ最後まで読み進めてください。

毎日事務局に寄せられるご相談内容を見ていると、
黒ずみに悩まれている方の思いは本当に切実です。

普段生活をしていく中でも、乳首がピンクでない・・・
乳首が黒いというだけで、多くの支障やデメリットが生じてきますからね。

乳首や乳輪は、普段は下着で隠されているものですが、
着替えの際やお風呂上りに鏡を見ると自分自身でも気になり、
温泉やスパなどに行くと“周りからの視線”を逃れるかのように
タオルや手で覆い隠すというシーンが多々あります。

そして、乳首が黒ずんでいることによって、その部分が目立つため、
乳輪のサイズも実際より大きく見えてしまいます。

その乳首や乳輪をタオルや手で覆い隠せる状態であればまだしも、
どうしても隠しきれない状況というのがありますよね…。

バストトップに対する悩みを持っている方は、
やはり「男性に対して積極的になれない」という方が大半です。

でも、恋人や旦那様がいらっしゃる方であれば、
当然の如く“裸にならなければいけない状況”が出てきてしまいます。

また、今現在お相手がいない方にとっても、
これからそういった状況になることは間違いありませんよね?

特に第一印象は深く記憶に刻まれてしまいますから、
好きな相手に気になる部分を見せなくないのは当然のことです。

実際に“乳首の黒ずみ”が男性に対して与える印象というのは、
一つとして良いものはありませんからね。

ここで参考までに某有名女性ファッション誌が行った
アンケート結果をご覧ください。

乳首の黒ずみに対して、
男性から以下のような回答が上がっていました。

  • ・かなり“もてあそばれた乳首”という印象でドン引き。
  • ・彼女が実際に遊び人で黒かったからそのイメージは拭えない。
  • ・実際は遊んでないのかも知れないケド、それだけでかなり損してる。
  • ・パッと見で乳首が黒いだけで萎える。触りたいと思わない。
  • ・冷めないように、できるだけ視界に入れないようにしてる。
  • ・いくら顔が綺麗だったとしても、それだけでテンションが下がる。
  • ・どうしても黒いものに対しては汚いと思ってしまう。
  • ・普段の生活もダラシなさそうで、自分にも興味がなさそう。
  • ・デリゲートゾーンの汚れやニオイも連想してしまう。
  • ・いい感じの関係までいっても、黒いだけで冷める。
  • ・やっぱりせっかく付き合うならピンク色の方が良い。
  • ・遊んでるイメージがあるので、どうしても対象外になってしまう。
  • ・胸が垂れていて乳首が黒いと余計に老けて見える。
  • ・老いて見えるだけではなく、不健康なイメージも持つ。
  • ・おばあちゃんというイメージがあるので若さを感じない。

私たち女性の気持ちを踏みにじるかのような回答結果と声ですが、
やはり男性にとって【乳首や乳輪の黒ずみ】に対しては、
このような意見や意識をもっていることに間違いはないようです。

特に「遊び人」「性的興奮が冷める」という印象は、
好きな男性や愛するダンナ様には絶対に持ってほしくないものですが、
この2つの回答が全体の“8割以上”も占める結果となってしまっています。

これでは、私たち女性がコンプレックスを抱えても仕方のないことですし、
男性に対して積極になれないのも無理ありません。

でも、ピンク色でない乳首。バストトップの黒ずみの原因は、
決して男性経験が豊富だからという理由ではなく、
そんなのは誰かがでっち上げた都市伝説にしかすぎないのに。。。

これは女性も含めて意外と知らない人が多いようですが、
そもそも乳首や乳輪の黒ずみが発生してしまうのには、
様々なキッカケや理由があります。

しかし、その発生メカニズムというのは、
共通して“ある1つ”の原因が働いているだけなのです。

  • 衣服や下着などの摩擦による刺激から
  • 肌を守るためにメラニン色素が増加する。
  • 母乳を吸う力から皮膚を守るために
  • 妊娠中の段階からメラニン色素が増加する。
  • 加齢に伴う女性ホルモンの低下によって、
  • メラニン色素の沈着を引き起こす。
  • ストレスで女性ホルモンの分泌量が低下し、
  • メラニン色素の沈着を引き起こす。
  • 紫外線は衣服着用に関係なく肌まで透過してしまう。
  • その肌や皮膚を守るためにメラニン色素が増加する。
  • 黒ずみは遺伝や体質との関係性は考えにくく、
  • 他5つの理由の何らかの影響によるものです。

黒ずみになるキッカケや時期は人によって異なりますが、
実は、黒ずみの原因は全て「メラニン色素」にあったのです。

メラニンは皮膚を守るための重要な役割をする一方で、
皮膚を“黒くする”という性質もあります。そして、ピンク色の乳首が・・・

日焼けをして肌が黒くなるのは、このメラニンの働きです。

そして、そのメラニンは皮膚の代謝サイクルとともに排出されます。

しかし、ストレスや加齢によって女性ホルモンなどが低下すると、
その代謝サイクル(ターンオーバー)が正常に行われにくくなります。

すると、古い角質が剥がれ落ちなくなるため、
皮膚にメラニン色素の沈着を引き起こし、
「シミ」や「黒ずみ」の原因となるのです。

また、そもそもバストトップはメラニン色素が多いため、
女性ホルモンなどに関係なく、色素沈着しやすい場所でもあります。

つまり、この根本的原因となるメラニンの生成や増加を抑え、
代謝サイクルを促進させ、美白効果をもたらすことができれば、
一気にピンク色の乳首へと変化させることができるのです。

しかし・・・

現在、乳首をピンクにするという方法や商品が、
インターネットなどで色々と紹介されていますが、
その内の殆どがいい加減なモノばかりです。

むしろ、「そのようなモノを試してきた!」
という方も中にはいらっしゃると思います。

バストアップやダイエットと一緒で、乳首をピンクにするという点においても、
間違った方法を繰り返し行っていては全く無駄な努力になってしまいます。

最悪の場合、キレイな乳首にするはずだったのが、
より一層ドス黒く汚い色になってしまったり、
ボロボロになってしまうなんてこともあります。

ここで、その代表格をご紹介したいと思います。

あなたは、このような乳首をピンクにする方法を試したり、
ピンク色の乳首が・・・という商品を買ったりしていませんか??

間違った商品や方法の中でも、最も効果が薄いと言われているのが、
乳首をピンクにすると謳っている「クリーム」や「石鹸」です。

中でも「ヴァー●ンエンジェル」というクリームや、
「ジャ●ム」という美白石鹸が人気のようですが、
このような商品の口コミを見てみると、
どれも全くと言っていいほど効果がなく、
逆に肌荒れや湿疹を引き起こしてしまうものもあります。

この手の商品は、肌の「表面上」だけで成分が作用するものが多く、
肌の「内側」まで浸透していく成分が含まれていないのです。

つまり、メラニンの生成を“表面上”だけで防ぐものであって、
肌の内側での生成や増加を抑制するものではありません。

ですから、いくら美白成分などが含まれていたとしても、
肌の奥まで浸透しなければ、根本的な解決にはならず、
乳首がピンクになるなんてことはあり得ないのです。

上辺だけの謳い文句に気を付けてくださいね。

摩擦によってメラニン色素が増加する為、余計に黒ずみが悪化して
しまいます。

また、乳首自体が傷つき
変形の原因になります。

相対的に目立たなくなりますが、
紫外線によってメラニン色素が
増加
し、余計に悪化します。

また、二プレス等を使用しても、
紫外線はニプレスを通過するの
で無意味です。

レーザー治療は施術後に炎症を
起こし、逆にメラニンの色素量
が増加
する場合があります。

また、かさ蓋ができたり、火傷
の痕が残るなどの後遺症も報告
されています。

もしも、あなたがこのような方法をお試しだったり、
お考えであれば即刻中止してくださいね!

また、これ以外にも病院で処方される塗り薬として、
トレチノインハイドロキノンというものがあります。

自宅で手軽にできるという利点がありますが、
最低でも5回くらいの通院が必要になり、
塗ってから数日後に“シミ”ができてしまったという報告もあります。

その場合、最低でも1ヵ月以上は通院しなければならないでしょう。

また、料金も3万円前後はするため、
費用的な負担もかなり大きくなってしまいます。

いくら乳首をピンクにしたいからと言って、
少しでも危険と思われる方法は避けたいところですし、
できる限りお金を掛けずに理想の乳首を手に入れたいですよね。

でも、もしそんな「安全」且つ「低リスク」なもので、
さらにとっても「効果的」なものがあったとしたら、
試してみたいと思いますよね??

実は・・・

それら全てを実現させることができた、
まるで魔法のような「あるもの」が存在するのです。

乳首や乳輪の黒ずみに悩みを抱える全ての女性のために、
そしてメンバーの皆さまからの熱いご要望に応えるべく、
今回はその「あるもの」をご用意しました。

では、その「あるもの」とは…

 

 

これまで、市販の「乳首をピンクにする」と謳っている、
“クリーム”や“石鹸”などを使用した経験のある方からすると、
「またこの手のものか・・・」と思われてしまうかもしれません。

しかし、この“薬用クリーム”は先ほど解説したような、
全く意味も効果もない上辺だけのものとは一線を画すものであり、
むしろ、そのような粗悪な商品を販売している多くの業者は、
今日からは恥ずかしくて世間様の前には出て来れなくなるでしょう。

なぜなら、この『ホワイトラグジュアリー』は、
医薬部外品として【厚生労働省】からも承認を受け、
「乳首をピンクにする」というしっかりとした根拠を持つものだからです。

ですから、もしあなたが・・・

このような悩みや不安をお持ちだったとしたら、
この『ホワイトラグジュアリー』さえあれば、
その全てを余すことなく解消させることができます。

実際に『ホワイトラクジュアリー』を使用された、
モニター参加者様の体験談をご紹介したいと思います。

お客様の声(USER VOICE)ページへ

ホワイトラグジュアリーは乳首をピンク色にする薬用クリームです